離婚裁判の流れ

離婚で裁判に至るケースは少ない

裁判による離婚は離婚手続きの中でも最も少なく、重大であるものであり、離婚する夫婦のうち1%程度の夫婦がこれを選択します。

この離婚裁判を行う際の流れは最初の協議離婚が成立せず、離婚調停も不成立に終わった場合、どちらかが裁判所に訴えを起こすことで離婚裁判が行われ、夫婦の関係性も原告と被告といったものになります。

ですが、この裁判による離婚を選択する場合、時間的・精神的・金銭的な負担が大きいことから調停が不成立になった場合、家庭裁判所が調停委員の意見を聞き、強制的に離婚を執行できる審判離婚で決着がつく場合が多いです。

裁判にかかる費用は総額100万円弱!?

その金銭的負担に関しては裁判を起こすためにかかる費用として20万円から30万円程度、それに加えて弁護士を雇う費用として50万円程度用意する必要があり、確実に相手からそれ以上の額の慰謝料を取れる見込みがある場合は裁判を起こす方が良いでしょうが、そうでない場合は逆に損をしてしまいます。

そのような場合であれば相手が離婚を拒んでいてできない状態である状況に加え、当人が離婚をしないと損をする状況である場合であれば、強制的に離婚を成立させることが出来るので、裁判による離婚をお勧めします。また、裁判離婚の場合有責者が訴訟を行うことはできないので、「不倫相手と結婚したいから別れたい」などといった理由ではこれを行うのは不可能です。

相手の不貞や暴力が原因である場合は、それを立証するための証拠品となる日記や写真、破壊されたものなどを日付をしっかり確認して所持・保存しておくことで、離婚裁判になった際に、自分を有利にする武器として使うことが出来、弁護士からもその提示を求められることがあるので出来る限り用意しておくようにしましょう。